Think Different

シンクディファレントについて

371 views
約 1 分
Think Different ・・・   The crazy ones. クレイジーな人たちに乾杯 はみ出しもの、 反逆者、 トラブルメーカー、 不適応者、 人と違う見方をする人、 彼らはルールを好まない 彼らは既成概念や常識を尊重しない 彼らを引用することも、反対することも、賛美することも、中傷することもできる しかし、唯一できないのは彼らを無視することだ なぜなら彼らは物事を変える 彼らは人類を前進させる なかには彼らをクレイジーだと思う人もいるだろう しかし、我々は天才だと思う それは、世界を変えられると思うほどクレイジーな人は それができる人だから Think different.
この”Think different”(シンク・ディファレント)とは、1997年のアップル・コンピュータの広告キャンペーンのスローガン。このスローガンは、テレビコマーシャルのほか、印刷広告や個別のアップル社製品のテレビ広告などでも使用された。このスローガンの使用は、これに続く広告キャンペーンであった Apple Switch 広告キャンペーン(英語版)が2002年に始まるまで、続けられた。(Wikipediaより一部抜粋)
スティーブ・ジョブズは、あるドキュメント番組のインタビューで次のように述べた。 大人になると、この世界とはこういうもので、自分の人生も、その中にある人生を生きることだ、と言い聞かされることになりがちだ。 壁を叩くようなことはしすぎるな。良い家庭をもって、楽しみ、少しばかりの金を貯めよう。 そういうのは、とても制約された人生だ。 たったひとつ、単純な事実に気づけば、人生は可能性がずっと開けたものとなる。 それは、自分を取り囲んでいるすべてのもの、人生と呼んでいるものが、自分より賢いわけではない人々が作り出しているということだ。 周りの状況は自分で変えられるし、自分が周りに影響を与えることもできるし、自分のものを自分で作ることも、他の人々にもそれを使ってもらうこともできるのだ。 人生だと思っていたことも、突いてみることができ、自分が何かを押し込むことで、反対側で何かが突き出たりするのだと悟り、人生は変えることができると理解すれば、自分で人生を造形していくことができる。 それこそが、おそらく何よりも大切なことなのだ。 人生はそこにあり、自分はその中で生きるしかないという誤った考えを揺さぶって振り払い、人生を抱きしめ、変化させ、改善し、自分自身の痕跡を刻み込むということなのだ。 私はこれはとても大切なことだと思うし、どのようにそれを学んだかに関わらず、それを学んだ者は、このいろいろな意味で厄介なことがらを抱え込んだこの人生を変化させ、より良いものにしようと望むことになるのだと思っている。 一度このことを学べば、それまでのままではいられないのだ。(Wikipediaより抜粋)     Think Different への思い 唯一できないのは「無視」をすること。 なぜならその人は世界を変えるから。 そしてインタビューでその理由を最後に述べている。 「一度このことを学べば、そのままではいられないのだ。」   まさしくこの世はその通りで、そのまま社名にいたしました。 根本を原理原則を変えていかなければこの世界の見方は変わりません。 違った方向から全てを考える   考えることをしなくなった現代。 手軽に答えを手に入れられることによって動くことも考えることも少なくなっています。 人間からロボットへ移り変わっています。   この先の20年は劇的に変わります。 貴方がどのように考え、動き、行動するのか? 貴方自身が問われる社会です。   これからの未来を生き抜く力 貴方自身が成長できるものをThink Different は提供していきます。   貴方の人間力を取り戻すために・・・

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly