Think Different

理念

mission

教育を革新し、自由で平和な社会をつくる

私たちは、日本社会の一員として、教育を通じて、それを革新し続け、日本を自由で平和な社会になるよう貢献します。
それは、現在のみならず、次の世代、未来の社会をも、豊かで明るく、
希望に溢れた社会にする礎となると信じています。

教育

教育とは何か?
教育とは、知性を磨き、技能を身につけ、人間性を養うこと。そして、その人の能力、可能性を引き出そうとすること。教育の目的は、自立した人間を育て、自立して生きる事が本来の自分で生きる事となり、本人の幸せを追求出来るまでにするのが教育です。
本来、人間は、自分の成長を表現し、実践することで、最高の喜びを得る生き物です。人は誰もが「学習・実践する」ことによって、能力を磨き、自分自身の人生の質を向上させます。
つまり、「学習・実践し、自分を生きること」が、人としての最高の喜びにつながる事だと私たちは信じています。

さまざまな商品やサービスを通して、より良い学習体験、学習機会を提供し、顧客が能力を身につけ、本当の幸せを追求する、そのお手伝いをするのが、私たちのミッションです。そして、自立した本当の自分を生きる能力を持つ幸せな個人をより多く育てること。それが、私たちにできる、最高の社会への貢献だと信じています。

革新

革新するとは何か?「革新とは、新しい次元の成果をもたらす変化」です。それはつまり、顧客やクライアントが新しい次元の成果を手にし、彼らに以前とは違う新しい世界をもたらすものです。

「革新」とは、今までのやり方の延長線上にあるものではありません。今までとは、根本的にその意味や成果の次元が変わるようなことです。

現在、技術革新により、人の学習体験は劇的に変わっている真っ最中です。私たちは、技術革新のみならず、知識や技能を学習する「方法論」や「範囲」もちろん「中身」においても、過去のものとは、まったく違うものに変えることで、教育、学習における効果を何倍にも引き上げ、新しい価値を創造しようとします。人が「教育とは何か」と考える意味や次元を変えてしまう。そのような革新を目指します。

そして革新は一度きりで終わるものではなく、終わりなく続けるものだと考えます。

自由と平和

自由と平和とは、自立した人間である事です。自立するという事は、他者に左右されず、他者の責任にする事もない。よって、他者を振り回す事も、強制することもなくなります。自己責任の世界だからこそ自由と平和があると私たちは信じています。

社会

日本は世界で最も歴史が古く、最も豊かで教養のある国の1つでした。それが発展するとともに、本来日本人の持ち合わせていた素晴らしい能力の一部が退化して行きました。現状のままでは、日本が豊かであり続ける保証はありません。

私たちは、より良い学習・実践・機会を提供し、現状の教育システムや概念を革新することで、私たちの時代はもちろん、子供や孫の世代にも、豊かな社会を継承していきます。

To our stakeholder

ステークホルダー

私たちは、信頼を第一にした経営で、
全てのステークホルダーに生み出す価値を最大化することを追求します。
ステークホルダーには、従業員、顧客、などが主におられます。

従業員へ

私たちは、仕事を楽しめることは、人生で最高の喜びだと信じています。そのために、働くみなさんが、働きがいをもって働けて、能力を発揮し成長できて、精神的にも経済的にも豊かになり「ここで仕事できて幸せ!」と思えるような職場を目指します。

そして、みなさんを利益を上げる道具としてではなく、一個人の人間として思いやりと信頼をもって尊重し、誰に対しても公平に接します。終身雇用は約束できませんが、会社を辞めざるを得なくなったとしても、どこでもやっていけるように、市場価値を高める教育を提供します。

幸せに仕事ができれば、それが顧客に伝わり、顧客にも良い対応ができると信じています。そのため、いざと言うときは、顧客よりも従業員であるあなた方を優先します。

なので、自己のパフォーマンスを高め続け、責任を果たし、顧客のために、顧客に最大限の貢献ができるようにベストを尽くしてください。

顧客へ

私たちは、顧客であるあなたに、他では手に入らない知識・スキル、実際に使える実用的な知識・スキル、あなたの成長につながり、人生を変える知識・スキルを提供できるように全力を尽くします。何より、私たち自身が実践者でもあるんです。というのは、基本、私たちが販売する商品は、私たちがこれまで自分たちが出来なかった事を出来るようになった事で、開発された商品ばかりだからです。私たちと同様にあなたもきっと学び実践する事が大好きな人だと思います。なので一緒に学ぶ事の楽しさ、成長の喜びを分かち合いたいと思っています。

一方で、私たちは顧客との関係を、対等なwin-winの関係だと考えます。お金を払った方が偉い、神様だ、とは考えません。「私は客だぞ」と私たちの従業員を侮辱するような行為をする人とは関係を持ちたくありませんので、お断りすることもあります。また、そのような「お客様だぞ!」「お金を払っている!」という意識が、私たちの提供している実践への妨げになります。本来はあなた自身に人生が「やるべき事」として出来事が起こっている場合でも、「お客様」態度でしっかりやって欲しいなどの思考での思いは完全に成長の妨げです。お客様の主張を聞いていると、完全に「考える事の出来ないどうしようもない人間」を作る手伝いを私たちがすることになってしまいます。

人生から与えられているきっかけを自分から潰さないでください。必ずあなたが願っている先に繋がります。